盆栽

2011年2月27日 (日)

松の古葉取り(葉透かし)

今朝も暖かい。

急に温かくなったので、庭に蚊が一匹。
白梅も水仙も開いた花が増え華やかになってきました。次は、菜の花、ムスカリ、フリージア、チューリップ、桃ですか。

そんな中、この冬の間に行ったのは、父の残した松の盆栽の古葉取り、葉透かしです。

松はかなり難しいので、今まで手伝ったことも無いのですが、少しは始末して残した鉢の手入れを行いました。
大小合わせて20鉢以上あり、結局2ヶ月以上かかり春を迎えてしまいました。

まったくの初体験なので、要領を得ず初めの頃の鉢はいただけません。
でも、さすがに20もこなせば何とか形になってきます。

経験というところですが、やはり父の仕業の残りを感じながらやれたことが大きいです。

後、小さな鉢ひとつと岩に植えた鉢がひとつになりました。これで完了であります。

昨日の鉢は、太目の樹で葉もよく茂っていたのですが、何より、鉢が花崗岩を削りだしたモノで重い。
よくも一人で動かすことができたと、われながら関心しますが、片腕の父はどうしていたのでしょう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

白梅

昨日、盆栽の白梅が開花。

Simg_8967


今日は、もう一輪開花です。

今年になって、寒さが厳しく、今週は積雪にもなったのですが、一昨日は温かく、この二日は、昼間は温かく。やっぱり春がやって来ていたのですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

いやぁ~もう疲れました(野良仕事)

この三連休は野良仕事等でもうヘトヘト。

特に昨日は、恒例の共同作業もあってピークでした。

昨日、一昨日は、剪定した葡萄の枝を燃やしました。
共同作業は、午前8時から山の小路とその脇の溝の清掃です。
溝は大池(ため池)に雨水が流れ込むように廻っていて、これが埋もれてしまうと水が集まらないどころか、土砂崩れにつながりかねません。

しかし、落ち葉は半端ありません。底の方はとても良い腐葉土状態です。
もうここで十分体力消耗下のですが、空は曇ってとても寒いので剪定くずを燃やしました。

土曜は小粒の葡萄の樹で、枝が細くよく乾いていたことと大豆の枯れ枝もたくさんあってすぐに燃え上がりました。ここの畑は栽培面積も小さく、枝の束を運ぶのも簡単だったのですが、日曜は、まず枝がなかなか燃え上がりません。
こちらは、大粒葡萄で枝が大きく枯れていないことと、焚きつけになるものがなかなか無かったのです。
隣の休耕田に茂った枯れ草は、強い北風で一度はバァッと燃え上がりますが、直ぐ消えてしまいます。30分ほど格闘し、最後は母が枯れた竹を放り込んでやっと燃え始めました。
やはり、焚きつけは枯れた竹に限ります。

一度燃え始めるともう大丈夫ですが、乾いていないので煙がすごい。
更にこちらは、細長い畑で昨日の二倍以上です。
4~5Kgの束を両手にひとつずつ下げて、一番先は50mほどの畑を、行ったり来たりで枝の束を集めるのは大変。
もう疲労こんぱいです。更に大量の煙は目にしみ、目やにか何かでしょぼしょぼ。
更に大量の枝の熱量は半端ではありません。前髪と眉が焼けてチリヂリ。
かみさん臭いと言う。

そして、土曜と本日は陽射しがたっぷりだったので、軒下で松の盆栽の手入れです。
何事も初めてのことなので要領を得ませんが、いろいろやっていくと、父親が今までやってきたことが窺え、それを便りの作業してゆきます。
松の手入れは、芽欠きはほとんどしなくて、葉を落として空いてやるだけです。
野焼きとは打って変わり、細かい作業です。
葉の多い鉢は3時間以上もかかってしまいました。
陽だまりで作業していても風は冷たく寒くて作業を切り上げます。更に、陽射しがたっぷりなのは8時から15時までですし、寒いので作業開始は10時から。

休日の限られた時間で、これだけの作業を行うので、かなり密度は濃いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

生きた植物のミニチュア

暑い日が続き、陽に照らされた庭にはケイトウの花が赤く花をつけていますが、
スポットライトに照らされたような苔むす盆栽の土台に赤い小さな花がまるで金平糖のように輝いています。

Simg_8322


 

よ~く見なくともケイトウですね。高さは2センチほどで花をつけ、本当に生きたミニチュアです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

梅の盆栽(2)

前回。梅の盆栽を掲載したとき一応撮影したのですが、背景と木が溶け合ってしまったので、今回は壁の前に移してフォーカスもしっかりあわせて撮影しました。


  Spap_0088  

去年の暮れに早二輪花が咲いていましたので、しおれたものもあります。

撮影用鉢を持ち上げ、花が顔の前に来ると芳しい香りがしました。

 


そうそうこの梅の木ですが、もともと梅の実を採るために植えたものだそうです。その実が成らないので親父がもらいうけ枝を切ってこのように盆栽にしたそうです。かなり古いようにも見えます。私が子供の頃から正月には玄関で花を付けていたような(当時は、花を咲かせるためにビニールハウスに入れていたと思います。今年のような暖冬では無かったです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

松の盆栽再撮影

玄関の松の盆栽をW44Sでオートフォーカスを効かせて再撮影しました。
サイズはVGA(480×640)でZOOMしてフレームいっぱいにしました。少し暗かったのでPhotoshopで修正しました。W44Sでも明るさ調整できますが、ケータイ画面ではきれいに見えます。


  Sn380083  

フォーカスがあたったので少しはましですが、やはりケータイのカメラです。


  Sn380084  

一緒に飾っている鉢が変わっていたので、掲載しました。山野草です。こちらはカラーバランスが悪くなり、Photoshopでかなり修正しました。


やはり、いくら300万画素オートフォーカスのW44Sといえどもケータイなので、最大サイズで撮影して後から編集するほうが良いようです。また、ケータイだと動作が遅いですし、オートフォーカスも撮影ボタンと連動していません。

そういえば、まだ、W444SでMOVIE撮ったことがありません。まだ使ったことの無い機能がある~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

かえでの盆栽

今、前出の松と一緒に玄関に飾っている親父の盆栽です。


  Sn380070s  
 

W44S最大サイズ ファインモードで撮影したものをトリミングして、 Photoshop で色を修正した写真のご紹介でした。

パースぺクティブ(遠近感)を気にしてこのようにしましたが、やはりケータイでは最大サイズでファインモードにして被写体がなるべく大きくなるように撮影してから、画像編集ソフトで解像度を下げないときれいにならないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

松の盆栽(2)

家の玄関の盆栽が換わっていたのでごしょうかい。


Sn380069s
 

以前の記事にトラックバックを頂、盆栽の形を創るさまを拝見しましたが、まさに空間の創造(未来の形を想像しながら枝ぶりを整えて行く)とつくづく感じました。親父もそれを日々行い、かなり創造力たくましいのだと思ったしだいです。
それも、親父は片腕でよくやるわぁ!と感心してしまいます。さすがに重い大きな鉢は私が運びますが、バランスよくもてるものは大概自分でやっています。片腕で農業をやって60年、昔はポパイのような左腕でしたがさすがに80を越えると筋肉は落ちます。もし、利き腕の右腕があったら.....

やはり、私の家系は右脳人間?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

松の盆栽

今日は春のような陽気でしたね。昨日までの寒さがうそのようです。このまま春になるのでしょうか?

陽気が良いので、庭先の盆栽を写しました。これらは親父が手入れしているものです。私も幼い頃から目にしているのでなんとなく良いやつはわかるような気がします。よさそうなのをケータイに収めました。目立つところにすえているので、親父も気に入っているのでしょう。


Ssn380067


Ssn380064
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月27日 (土)

梅の盆栽

梅のことを話題にしたところで、ふと見ると我が家の玄関に梅の花が…
父親の趣味が盆栽で、白梅が玄関にありました。これは正月を迎えるためにビニールハウスで咲かせようとしたものだと思います。(後から親父に確認すると、玄関においていて咲いたそうです)

  Img_7109s  

ちょっと私の影が映ったのはご愛嬌で.......

| | コメント (0) | トラックバック (0)