写真

2015年3月22日 (日)

2015年の写真

写真一覧(写真をクリックすると、スライドショーで次々と閲覧できます)
スライドショー


 


2015/12/13

2015/11/08

2015/11/03

2015/11/03

2015/11/03

2015/11/03

2015/10/25

2015/10/25

2015/10/18

2015/10/18

2015/10/18

2015/10/18

2015/10/18

2015/10/17

2015/10/17

2015/10/11

2015/10/04

2015/10/04

2015/10/04

2015/10/04

2015/10/04

2015/10/04

2015/10/04

2015/10/04

2015/10/04

2015/10/04

2015/10/03

2015/10/03

2015/10/03

2015/10/03

2015/10/03

2015/09/29

2015/09/29

2015/09/24

2015/09/19

2015/09/19

2015/09/13

2015/09/13

2015/09/13

2015/09/03

2015/08/03

2015/07/26

2015/07/20

2015/07/20

2015/07/20

2015/07/12

2015/06/27

2015/06/27

2015/06/27

2015/06/27

2015/06/15

2015/06/15

2015/06/15

2015/06/13

2015/06/13

2015/06/06

2015/06/06

2015/06/06

2015/06/06

2015/05/31

2015/05/31

2015/05/10

2015/05/10

2015/05/09

2015/05/09

2015/05/06

2015/05/05

2015/05/05

2015/05/05

2015/05/04

2015/05/04

2015/04/29

2015/04/29

2015/04/29

2015/04/29

2015/04/29

2015/04/26

2015/04/26

2015/04/26

2015/04/26

2015/04/26

2015/04/18

2015/04/18

2015/04/18

2015/04/18

2015/04/18

2015/04/18

2015/04/18

2015/04/18

2015/04/18

2015/04/18

2015/04/18

2015/04/12

2015/04/12

2015/04/11

2015/04/11

2015/04/11

2015/04/11

2015/04/11

2015/04/11

2015/04/11

2015/04/11

2015/04/05

2015/04/05

2015/04/05

2015/04/05

2015/04/05

2015/04/05

2015/04/05

2015/04/05

2015/04/05

2015/04/05

2015/04/04

2015/03/28

2015/03/21

2015/03/21

2015/03/21

2015/03/21

2015/03/21

2015/03/21

2015/03/21

2015/03/21

2015/03/21

2015/03/21

2015/03/21

2015/03/21

 

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

赤い月

今晩は、「皆既月食」。
「”赤い月”が見れる」と期待。

会社を出て、東の空を見上げると、
何もない。
まだ低い位置に、それは在り
すでに、左下から欠けていた。

ちょっぴり、薄気味悪さを感じさせる。

電車を降りると、ほとんど影になり、
赤い月の様相。
右手上方に、それを感じながら、
自転車を駆る。

我が家に、たどり着いたころには
ほんのり、上部が明るい「それ」。

Img_8241

赤い月を、500mm で収める。

さすがに、それは赤くとも
かなり暗く、Focus が来ていないような、荒い画。

ちょっと、幻想的な「ひととき」。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

写真とは

久々に、

「写真とはなにか」と
考えてみた。

そもそも、それは「記録する」ものであり、
実際正しく、そのもの(被写体)を説明できる
ように、写すことが行われる。

特に、それ(被写体)が、珍しいもの、
初めて目にしたものならば、
それを、説明するものになるように思われる。

そこから、「どのように表現してゆくか」
ということになるので、
より、たくさん”それ”を見て(観察して)
いろいろな、時、角度で眺め、収めてみる。

仰ぎ見る(アングル)
切り取る(フレーミング)

まぁ、いつもの「パターン」という
やつになりがち。

だから、いろいろ見て、試す。
また、いろいろな方々の画で勉強する。

常々、自分の画をみて、
「物足りなさ」を感じ、
特に、広角下手と似たフレーミングに
溜息をつくこともある。

広角下手は、まさに「アングル」
仰ぎ見るのが中途半端だったと思う。

このごろ、EF28mmf2.8SI を装着して歩き、
できるだけ、被写体に近づくことで、
広角使いが、ちょっぴり進んだかな。

”切り取る”ならば、望遠優位。
大きな光景で「ボケ」を生かす。
フラットな画にする。
等、ぐっと近寄ることなく、私には使いやすい。
時に、より近づきたい時もありますが、
たびたびレンズの至近距離不足。

そして、かつての Canon EF のキャッチコピー
「太陽と影」であります。
   (「光 と影」と、ずーっと誤って記憶しておりました。)

逆光で、被写体を輝かせる。
シルエットを浮かび上がらせる。
影絵のような世界。
輪郭の協調と白と黒の対比。

濃淡の強い画に対し、
順光で淡くフラットな画も在り。

斜光(朝や夕の陽)は、
コントラストを持つ部分と
フラットを同居させてくれる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年の写真

写真一覧(写真をクリックすると、スライドショーで次々と閲覧できます)
スライドショー


 


2014/12/06

2014/12/06

2014/12/06

2014/12/06

2014/11/30

2014/11/30

2014/11/24

2014/11/24

2014/11/24

2014/11/24

2014/11/13

2014/11/11

2014/11/11

2014/11/01

2014/11/01

2014/11/01

2014/11/01

2014/10/25

2014/10/25

2014/10/19

2014/10/19

2014/10/19

2014/10/19

2014/10/19

2014/10/19

2014/10/19

2014/10/19

2014/10/19

2014/10/19

2014/10/19

2014/10/18

2014/10/18

2014/10/18

2014/10/18

2014/10/18

2014/10/17

2014/10/17

2014/10/13

2014/10/13

2014/10/13

2014/10/13

2014/10/13

2014/10/08

2014/09/29

2014/09/29

2014/09/29

2014/09/29

2014/09/29

2014/09/29

2014/09/29

2014/09/27

2014/09/27

2014/09/27

2014/09/27

2014/09/27

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/21

2014/09/14

2014/09/14

2014/09/14

2014/09/14

2014/09/14

2014/09/14

2014/09/13

2014/09/13

2014/09/13

2014/09/13

2014/09/09

2014/08/30

2014/08/30

2014/08/30

2014/08/23

2014/08/23

2014/07/06

2014/07/06

2014/07/06

2014/07/06

2014/07/06

2014/07/05

2014/07/05

2014/06/18

2014/06/14

2014/06/14

2014/05/30

2014/05/30

2014/05/18

2014/05/18

2014/05/18

2014/05/18

2014/05/18

2014/04/06

2014/04/06

2014/04/06

2014/04/06

2014/04/06

2014/04/05

2014/04/05

2014/04/05

2014/04/04

2014/04/03

2014/04/03

2014/03/23

2014/02/09

2014/02/09

2014/02/09

2014/02/09

2014/02/09

2014/02/09

2014/02/08

2014/02/08

2014/02/08

2014/02/08

2014/02/08

2014/02/02

2014/02/02

2014/02/02

2014/02/02

2014/02/02

2014/01/26

2014/01/26

2014/01/26

2014/01/19

2014/01/19

2014/01/19

2014/01/19

2014/01/19

2014/01/19

2014/01/19

2014/01/13

2014/01/13

2014/01/03

 

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

新しいテンプレート(画像配置用)

このブログの表示で、表示領域を広げ

適切な、配置と余白を設ける

ことができるようにしたので、投稿用の「ひな形」を修正してみた。

特に、RSS フィードで参照する場合と、右側部の表示と可能な限り重なり合わなくすることに注意してみた。

ただし、ココログの画像引用機能が生成する HTML のコードは変更できないので、手作業でスタイルをカット&ペーストすることが必要になるのだけれど。

さらに、ie のレンダリングエンジンは、”おかしい”のか”おバカ”なのか、他と異なる表示をするので、後から修正が必要になるのが厄介。

ie 11 では、修正されているので、さらに厄介というか、やっと MS も、標準規格を守る気持ちがわいたのかもしれません。

さすがに、MS Office の方は、自分都合を押し通せるので、利用者の利便性は無視しておられますが、これを貫くと近い将来には消滅企業になるかも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

フジクロームプロビア100F が現像できてきた

フィルムの現像が12日にあがる予定だったので、本日受け取ってきました。

明日、会社の帰りに受け取ればよいのですが、Scan するので休日の今日出かけたのであります。

Image0018

23th Dec.

Image0022


Image0033


Image0034

Image0038

2th Jan.

カメラの露出計が壊れ、安価な外部露出計を使ったので、去年の撮影分は、“とほほ”で、満足なのは、一枚きり。

やっぱ、リバーサルは色がよろしい。

柔らくて、深みがあるのが、銀塩ならでは。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

現像できない

昨日撮影したフィルムを現像に出そうと思ったのだけど!

ブローニーは、どこでも現像受付してくれるわけではなく、近くのカメラのキタムラに出していたのですが、去年店舗撤退したので、35mmリバーサルで撮影してドラッグストアに持ち込んだのですが、現像の受付カウンタがない。

さすがに、ディジカメの時代取り扱いがないとのこと。

もう、近くには心当たりがないので、ビックカメラに持って行くしかなさそう。

久しく、ビックカメラに行っていないのでそれも良しかな。

タンクを買ってモノクロ現像で、とことん銀塩にこだわるべきか、さすがにディジタルの時代、一眼もディジタルにすべきか?

確かに、F-1 の露出計も逝ってしまったのでさすがに潮時のような気もするけど

“ディジタルは、軽薄なのでピンホール的なケータイで十分”

なんて、ただいまLPレコードを聴きながら思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

2013年の写真

写真一覧(写真をクリックすると、スライドショーで次々と閲覧できます)
スライドショー


 

2013/12/15
2013/12/08
2013/12/01
2013/11/24
2013/11/24
2013/11/24
2013/11/17
2013/11/17
2013/11/17
2013/11/17
2013/11/17
2013/11/17
2013/11/17
2013/11/17
2013/11/17
2013/11/16
2013/11/16
2013/11/16
2013/11/10
2013/11/10
2013/11/10
2013/11/09
2013/11/09
2013/11/09
2013/11/09
2013/11/09
2013/11/09
2013/11/09
2013/11/04
2013/11/04
2013/11/03
2013/11/03
2013/11/03
2013/11/03
2013/11/02
2013/11/02
2013/11/02
2013/11/02
2013/11/02
2013/11/02
2013/11/02
2013/11/02
2013/11/02
2013/11/02
2013/11/02
2013/10/26
2013/10/23
2013/10/19
2013/10/19
2013/10/19
2013/10/19
2013/10/14
2013/10/14
2013/10/14
2013/10/14
2013/10/14
2013/10/14
2013/10/14
2013/10/14
2013/10/14
2013/10/14
2013/10/13
2013/10/13
2013/10/13
2013/10/13
2013/10/13
2013/10/13
2013/10/13
2013/10/13
2013/10/13
2013/10/13
2013/10/12
2013/10/12
2013/10/12
2013/10/12
2013/10/11
2013/10/07
2013/10/07
2013/10/07
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/06
2013/10/05
2013/10/03
2013/10/02
2013/10/02
2013/10/02
2013/09/30
2013/09/29
2013/09/29
2013/09/29
2013/09/29
2013/09/29
2013/09/29
2013/09/29
2013/09/29
2013/09/28
2013/09/28
2013/09/28
2013/09/27
2013/09/27
2013/09/27
2013/09/26
2013/09/25
2013/09/25
2013/09/23
2013/09/23
2013/09/23
2013/09/23
2013/09/23
2013/09/23
2013/09/23
2013/09/22
2013/09/22
2013/09/20
2013/09/19
2013/09/19
2013/09/18
2013/09/18
2013/09/17
2013/09/16
2013/09/16
2013/09/16
2013/09/16
2013/09/15
2013/09/15
2013/09/07
2013/09/07
2013/09/07
2013/09/07
2013/09/07
2013/09/02
2013/09/01
2013/09/01
2013/08/29
2013/08/25
2013/08/25
2013/08/25
2013/08/25
2013/08/25
2013/08/25
2013/08/25
2013/08/17
2013/08/17
2013/08/17
2013/08/17
2013/08/17
2013/08/17
2013/08/17
2013/08/17
2013/08/17
2013/08/17
2013/08/17
2013/08/17
2013/08/16
2013/08/16
2013/08/16
2013/08/16
2013/08/15
2013/08/15
2013/08/15
2013/08/15
2013/08/04
2013/07/28
2013/07/28
2013/07/28
2013/07/28
2013/07/28
2013/07/28
2013/07/28
2013/07/28
2013/07/28
2013/07/28
2013/07/27
2013/07/27
2013/07/27
2013/07/27
2013/07/27
2013/07/20
2013/07/20
2013/07/20
2013/07/20
2013/07/17
2013/07/16
2013/07/15
2013/07/15
2013/07/14
2013/07/14
2013/07/14
2013/07/14
2013/07/14
2013/07/14
2013/07/14
2013/07/13
2013/07/13
2013/07/07
2013/07/07
2013/07/07
2013/07/07
2013/07/07
2013/07/07
2013/07/07
2013/07/07
2013/07/07
2013/07/07
2013/07/07
2013/07/07
2013/07/06
2013/07/06
2013/07/02
2013/07/02
2013/06/30
2013/06/30
2013/06/30
2013/06/30
2013/06/30
2013/06/30
2013/06/30
2013/06/30
2013/06/30
2013/06/22
2013/06/22
2013/06/12
2013/06/12
2013/06/12
2013/06/05
2013/06/05
2013/06/05
2013/06/05
2013/06/05
2013/06/05
2013/06/05
2013/06/05
2013/06/02
2013/06/02
2013/06/02
2013/05/25
2013/05/25
2013/05/25
2013/05/25
2013/05/25
2013/05/25
2013/05/25
2013/05/25
2013/05/21
2013/05/21
2013/05/21
2013/05/18
2013/05/18
2013/05/18
2013/05/18
2013/05/18
2013/05/18
2013/05/18
2013/05/18
2013/05/18
2013/05/12
2013/05/12
2013/05/12
2013/05/12
2013/05/09
2013/05/09
2013/05/07
2013/05/05
2013/05/05
2013/05/05
2013/04/28
2013/04/21
2013/04/21
2013/04/21
2013/04/13
2013/04/13
2013/04/13
2013/04/06
2013/03/22
2013/03/20
2013/03/20
2013/03/16
2013/03/10
2013/03/10
2013/02/17
2013/01/14
2013/01/14
2013/01/14
2013/01/14
2013/01/14
2013/01/04

 

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初撮り

今朝も晴天。
空は青いが、寒ぅ~

朝の陽が眩しく空が青いので、近所に息子と「初撮り」であります。

このところ、寒い日が続き池も凍ったままで、寒い。

Ssn3v0062

私は、Canon F-1。まるで氷の塊のように冷たく手が凍てつく。

日向と日陰の温度差があまりにも激しい。

今日の被写体は、青い空と冬の木々、陽に光る霜まみれの草。そして目の前を泳ぐ冬鳥であります。

内容は現像があがるまでしばし…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

冬の青と赤

Ssn3v0060


桜の葉はもっと紅になるのだけれど、

晴れた冬の空は澄んで、北を望めば“真っ青”。

公園の紅葉もそろそろ終わり。残った葉も風で次第に待ってゆきます。

Ssn3v0059

年を越すまで、桜の葉が残れば、“真っ赤”になるのだけれど。

もう、こうして戸外に出るのが億劫になってまいりました。

。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)