« 小さなヒガンバナ? | トップページ | 周辺減光 »

2013年10月 3日 (木)

久々の銀塩

 

Image0071

 

やはり、銀塩 富士クロームは良い。

フィルム1本に、この1枚しか満足なものがないのだけれども、これはディジタルでは絶対無理。

フィルム代と現像代で \2,000 でありますが、撮る楽しみとこの画像には変えられない何かがある。

 


 

先日、やっと 36枚撮り終えた FujiChrom Velvia 100F の現像ができてきたので、さっそくスキャンしてみた。

悲しいほど露出が不適切で、かっかり。

原因は、内臓露出計が壊れ TTL 測光できないのが多き野だけれども、空に浮かぶパラセールにハイコントラストの被写体、さらに PL フィルターを使ってしまったので、露出倍率ができなかった。

 

|

« 小さなヒガンバナ? | トップページ | 周辺減光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193783/58308731

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の銀塩:

« 小さなヒガンバナ? | トップページ | 周辺減光 »