« 夕菅 (ゆうすげ)が咲き始めた | トップページ | 蝉が鳴き始めた »

2013年7月 7日 (日)

照らされた”藪甘草”

今日は、昨日までの梅雨空から一転、真夏のような空と日差し。

 

Img_1252

 

濃い緑の中に橙がまぶしい。

 

Img_1255

 

Img_1262

 

 

 


 

最初の一枚のように、AF & L レンズは、何も考えなくても、とても高画質でジャストピントの絵が撮れる。

単焦点、MF レンズ、さらにマウントアダプターを介せば絞込み測光。

ファインダーが明るいので。日中のフォーカスは何とかなりますが、露出は注意が必要。せめて、自動絞りがほしい。

結局、MFモードで露出を決める。

さらに、手ぶれ補正の威力は絶大であります。

重い200mmの手持ちはきついが、この遠近感が必要な時がある。

それにしても、下の二枚のような、銀塩的な味わいは何とも言えません。

 

簡単に、良い絵があられるのも良いけれども、一枚のショットに工夫をして、しっかりした構えでとるのも魅力。

絵になるまでのプロセスの楽しみは、重要なのであります。

 

 

 

|

« 夕菅 (ゆうすげ)が咲き始めた | トップページ | 蝉が鳴き始めた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193783/57740227

この記事へのトラックバック一覧です: 照らされた”藪甘草”:

« 夕菅 (ゆうすげ)が咲き始めた | トップページ | 蝉が鳴き始めた »