« 雨上がりの春の朝 | トップページ | 突き抜ける音(コンデンサが) »

2013年4月28日 (日)

春真っ盛り(今年は一段と)

今、戸外に出て、風に当たり野原を見渡す。

そんな、一年で最も気持ちの良い季節。

それもそのはず、ゴールデンウイークに突入であります。

寒い日が合ったり、疲れ気味ですっかり週末を休養にあてたせいか、今年は「蕨」にお目にかかっておりませんし、筍も不作のよう不作のよう。

やっと昨日6本掘り起こしてまいりました。

 

Sn3v0099

 

裏庭のシャガの群生も盛りを過ぎ、藤の花が満開でリます。

チューリップが終わりになる花壇には、スズラン水仙が花を付け出しました。

今年は、鬼百合も藪甘草も大きく葉を伸ばしているのを数多く見かけます。

今年は、草木の勢いがいつもより増しているように感じます。

 

そんな今日、我が家は葡萄の樹に薬剤散布であります。

路地ものですが、芽を吹き最初の芽欠きを行ったのですが、毛虫胎退治でリます。

 

日頃、人口のビジネス社会にどっぷり浸かっている身としては、こうして自然と対話しながら過ごす、楽しみ安らぎを得ております。

でも、肉体は疲労

 

|

« 雨上がりの春の朝 | トップページ | 突き抜ける音(コンデンサが) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193783/57264039

この記事へのトラックバック一覧です: 春真っ盛り(今年は一段と):

« 雨上がりの春の朝 | トップページ | 突き抜ける音(コンデンサが) »