« 時が流れて | トップページ | ビックリさせるぜ ie 9 »

2011年4月20日 (水)

外来種の侵略(帰化植物)

桜が終わり、若葉は目に痛いほど鮮やかで、きれいな花々がいたるところで咲き乱れます。

この地では、ポピー(ヒナゲシ)が野生化して、路小畑のいたるところで風に揺られています。中には紫が

そして、数年前からは丘の上で「松葉海蘭」を見かけるようになり、次第に里に下りてきています。

Matubaunnrann

 

もう、街の中心部、我が社の前の公園でさへ、見かけてしまいました。

これらは、どれも外来種、帰化植物でありますが、近年外来種の侵略が著しく、日本在来種の存続が危惧されるものも増えています。

Sn382429_r

 

あの、山をどんどんと覆ってゆく竹林、その正体の孟宗竹も帰化植物。

|

« 時が流れて | トップページ | ビックリさせるぜ ie 9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193783/51442903

この記事へのトラックバック一覧です: 外来種の侵略(帰化植物):

« 時が流れて | トップページ | ビックリさせるぜ ie 9 »