« 桜 | トップページ | Web サーフィン(Internet 公開)の真実情報 »

2011年4月 3日 (日)

春、春、春!

今朝は、雲り空でそれほど暖かくはないのですが、このところの陽気で「まさに春!」を迎えました。

植物(草木の花でいろんな色で飾られ)も、動物(小鳥は近くで飛び交いさえずり)も、生き生きとしています。

我が家の庭先も、水洗の花を初めに次々と飾ってくれます。

寒水仙が終って

Simg_8978

ラッパであります。

そして、遅咲きの紅梅は満開。

Simg_8979

例年より花が多く感じます。
剪定のとき新しい枝を残したのですが、それに花がついたよう。

そして、新しい芽もぐんぐん伸びます。

Simg_8975

これは、ヤブカンゾウであります。
庭の奥のまさに藪に株があるのですが、藪といっても日当たりのよいところに生えているので、庭先の本当に日当たりのよいところに、数株植えてみました。
株はたくさんあっても、なかなか花を付けないので、期待しています。

いろんなことがあっても、自然は営みを繰り返しています。
人も、自然に無理強いしないで、溶け合うような生活を、今にあったやり方で行うことがはっきりしたと思います。

もう一度人の住むところ考え直すときであります。
地方の都市化率の向上と、都会に自然を取り戻すこと。

まとまった山村への移住で、過疎地に新しい街を!
移転先は、西日本に限ったことではなく、被害の少なかったところでもよいのでしょうが、原発の近くは、やはり西日本へ。

農業を営んでいた方なら、休耕田を復活していただけます。
更に漁業は、今山間でも海水魚の養殖が行える時代です。温泉水に好適環境水。

更に、ビジネスの場でも、この夏の電力需要を考えると、でんりょくに余裕がある西日本へ人が移りそう。特に外資系はもう実施。海外にも移転済み。

出来れば大阪への一極集中は避け、分散型により、地方の都市化率向上を実現してもらいたいです。
更に言えば、災害が少なく、食料、エネルーギーが安定していて、交通網もゆとりがあり、その気になれば拡張できる平野の多いところ。

Google Map で眺めてみればと思い、さらに、東北地方を見ると。

被災地は震災後の写真に更新されています。
沿岸部に建物が残っている地域があるだけで、それだけでもよかったとかいえません。
残ったところを頼り復興していただき、何もなくなったところは、長期的な計画に基づいて復興していただきたいです。

 

|

« 桜 | トップページ | Web サーフィン(Internet 公開)の真実情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193783/51288080

この記事へのトラックバック一覧です: 春、春、春!:

« 桜 | トップページ | Web サーフィン(Internet 公開)の真実情報 »