« 我が家の庭の紅梅 | トップページ | ICTと哲学#3 »

2007年3月10日 (土)

ガテマラを焙煎

「ガテマラの香りがα波を多くする」ということもあり、先週末生豆を買っておきました。300g 買うのですが、340g 入れてくれます(ありがたや)。
ガテマラの豆に共通する豊かな香りが、人を癒してくれるそうで、知的労働者向きだそうです。肉体労働者にはマンデリンなのどコクの強いものがようそうです。
Sn380114e
生豆の粒はかなりまちまちで、ハンドピッキングがつらそうです。お店の方にありがとう。
生豆のときの香りは青臭くて、どの豆もあまり変わらないように思えますが、焙煎すると本当に異なりますね。

Sn380113e
2ハゼが来たところでとめました。ラグリマ・アンティグアほどではありませんでしたが、それに近い豊かな香りが充満します。αは増強できたでしょうか?
本当に粒の大きさがまちまちで、神山以上に大きなものもありますが、小豆いよりも小さいものもあります。
まだ、焙煎した、キューバと神山があるので、計量スプーン3杯半だけ煎いりました。

飲用を楽しみに待ちます。

|

« 我が家の庭の紅梅 | トップページ | ICTと哲学#3 »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 投資の初心者 | 2014年6月13日 (金) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193783/14211839

この記事へのトラックバック一覧です: ガテマラを焙煎:

« 我が家の庭の紅梅 | トップページ | ICTと哲学#3 »